お肌のトラブルはアレルナイトが効果的!その成分は副作用は無いの!

 腸内環境でアトピーが治る!植物性乳酸菌が見方だった!

今では赤くなっていた部分や、かさぶたになっていた部分がスベスベできれいになってきたので、肌を出すことへの抵抗が減ってきて嬉しいです。

私は以前からアトピーで、ての関節や首元がジュクジュクになってしまっていたんです。

友人からは「お肌かわいそう。薬塗ってもダメなの?」

初めて言われた時は、かなり傷ついて落ち込んでいたんですが、今では諦めもあり慣れてしまっていたんです。

でも結婚も出来て赤ちゃんにも恵まれていたんですが、子供が小学校3年生になると私と同じように、強めのアトピーが出てしまい可哀そうでした。

病院には行きましたが、出来るだけ子供にはステロイドを使わないようにして、自分でいろいろ調べてみたんです。

アレルナイトで腸内環境整えるだけでもアトピーが治ることを知りました。

副作用も心配したんですが、アレルナイトは食品由来なので全く問題なかったです。

子供もですが、私もむず痒さがなくなるだけで、こんなにもストレスから解放されるんだなって、ビックリしてしまいました。

親子で夜もぐっすり眠れるようになり、とても喜んでいます。

今回は、どんな事をしたのかご紹介させて頂きます。

アトピー性皮膚炎とは

「アトピー」という名前は、ギリシャ語の「奇妙な」「特定されていない」という意味で使われていた「アトポス」という言葉が由来とされています。

アトピー性皮膚炎とは、顔や首、肘、膝などのあらゆる処に湿疹が出て、強い痒みを繰り返す病気です。

あまりにも痒みに夜も寝れず、掻けばよいのですが、その時は良くても繰り返すうちに皮膚がキズつき、血が出てしまい痛みを伴います。

それでも痒みが治まらないとても辛い症状です。

アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係

アトピー性皮膚炎は、花粉症や食物性アレルギーと同様にアレルギー症状の一つと言われています。

アレルギーは、ウイルスや細菌、花粉、ダニなどの異物が入って来た時に、外敵をやっつけようと体を守るための防御システムが「免疫」といいます。

食物などといった、体に害が無い物についても、免疫機能の異常状態により、有害物質だと反応して過剰に攻撃するのが「アレルギー」です。

アレルギーには、I型アレルギーとIV型アレルギーの2種類があります。

I型アレルギーとは、即時型と言われ、アレルゲンが体内に入って来た時に作られる抗体が「IgE抗体」です。

これが、「マスト細胞」と言われる白血球と合体し、そこにアレルゲンが付着すると、ヒスタミン酸という科学物質を発生し、皮膚のかゆみなどがおこります。

症状としては、アレルギー性鼻炎、花粉症、気管支喘息などの他、食物アレルギーもこの即時型に分類されます。

IV型アレルギーとは、遅延型と言われ、抗体ではなくTリンパ球(T細胞)などが深く関係して、直接細胞を攻撃する「細胞性免疫」が起こり、ちょっとした刺激でも炎症反応が発生し、その上さらに継続する特性があります。

代表的な症状としては、アトピー性皮膚炎がこれにあたります。

 

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因については、皮膚のバリアである角層の機能が低下してしまい、乾燥によりアレルゲンのダニやホコリ・カビが侵入したり、生活環境に伴うストレス・食品など様々な要因が重なって起こると考えられています。

原因もですが症状についても悪化させたり、個人差があるのがアトピー性皮膚炎です。

社会環境によってそれぞれ個人差があるので、これが原因といったハッキリしたことがありませんが、考えられる大きな原因としは、次の2つになります。

・食品添加物、

・農薬野菜

●食品添加物

現代の社会環境の中で毎日忙しい思いをしている人は、特に時間が持ったいないと簡単な食事になってしまいがちですが、そこに原因の一つと考えられる食品添加物があります。

時短になる加工食品は手軽に食べられるので、つい手が出てしまいますが、長期保存やきれいな色、味を安定させるために食品添加物を使っている物が多く出回っています。

そんな中でも、冷凍食品は添加物を使って無い物がいくつかございますが、冷凍することにより食物繊維が壊れてしまいますので、冷凍食品ばかりを食べていると便秘になりやすくなってしまいます。

では、家庭で作ろうと思っても調味料の中に添加物が入っていますので、家庭で料理をするにしても、添加物から逃げることは難しいですが、極力避けるようにしてください。

●農薬野菜

野菜についても、生産性を上げる為に農薬がたくさん使われるようになっています。

野菜についた虫がその野菜を食べて死んでしまう薬を使っているわけですから、微量でも人間の体にも害があるかないか疑問に考えてしまいます。

最近では消費者の意識も上がり、虫が食べるほど美味しい野菜で安心して食べれるという事から、生産者も無農薬野菜を作る方が多くなり、良く市場に出回るようになり、手に入りやすくなってきたのですが、価格が高い為に家計に負担をかけてしまいます。

よって、農薬野菜でも残留農薬を水で洗い流してから、調理するのはもちろんですが、それだけでは、しっかり落ちた気がしませんので、次のように4つの方法をご紹介いたします。

1、重曹やお酢を使って落とす。

食品用の重曹は使用基準のない食品添加物として認められていますが、洗い流せば残りませんので、農薬を落とすには問題ありません。

また、お酢ついても添加物は一切入っておらず、さらに価格的にもお手頃で使いやすいです。

①ボールに水を溜めて、その中に大匙2杯くらいの重曹やお酢を入れて混ぜます。

②その中に野菜を約1分間ほど漬け込みます

③そして、野菜を流水で良く洗い流してから、調理加工を行います。

2、茹でこぼす。

野菜を茹でる前に一度水洗いし、さらに茹でてから洗い流すために熱に弱い農薬や菌がお湯と一緒に流れてしまい、残留農薬は限りなくゼロの状態になります。

この方法が出来る代表的な野菜は、ほうれん草や小松菜の葉のような葉野菜が適しています。

①野菜を水で良く洗ってから、鍋にお湯を沸かして野菜を茹でます。

②茹でた野菜を流水で冷ましながら洗い、良く水を切ります。

③それから、調理加工を行います。

3、約50℃で洗う

以前に、流行っていたのですが熱に弱い農薬を洗い流すのには適していますが、少し準備が必要になりますので手間がかかってしまう事がデミリットです。

しかし、熱に弱い残留農薬や菌がゼロに限りなく近くなり、野菜の味も良くなりますのでおススメします。

①温度計を用意して、ボールに48度~52度のお湯を入れます。

②このボールの中に、葉物野菜でしたら15秒~20秒、根野菜でしたら2分~3分間漬け込む様にします。

*野菜をボールに入れた時に、温度が少し下がりますのでお湯を足して温度調整をします。

この時に熱湯は使わないようにしてください。

温度の高いお湯が野菜に触れた場合は、野菜がしなびたような状態になりますので、52度のお湯を足すようにしましょう。

③時間が経過したら、流水でもう一度洗いお流します。

4、野菜専用の洗剤

野菜専用の洗剤を使って野菜を洗い流します。

その方法は、洗剤の各メーカーによって異なりますので、使用方法を確認してください。

洗剤事態が添加物がたくさん入っていますが、流水でしっかり洗い流せば問題は無いと言われています。

しかし、農薬が落ちたとしても添加物が残るような感じが、ぬぐい切れません。

対策としては腸内環境を整える

腸が第二の脳と言われるのは、腸は脳からの指令がなくても自分で判断して働く事が出来るんです

腸は食物を消化吸収するだけではなく、独自の判断で常に体内を安定させようと有害物質を排出してくれます。

また、他の臓器にも命令を出すことができ、体を一定に保とうと外界および体内環境の変化を受けても血液酸性度や体温、血糖値などの生理状態を常に一定範囲内に調整し維持するという役割もあります、

さらに腸はとても敏感で、過度なストレスがかかると、脳より先にお腹が痛くなったりします。

良く子供の頃に宿題が出来ていないので、学校に行きたくないと思った時、仮病でお腹が痛いと言ったら、本当にお腹が痛くなった経験がありませんか。

腸は多くの神経や血管が集中している器官だからこそ、生活環境の中で暴飲暴食や過度なストレスがあると、不眠症や便秘、アレルギー、肥満、抜け毛、フケ、乾燥肌、肌荒れとさまざまな症状が関係していると言われています。

だからこそ、腸内環境を整えることが健康になる為にはとても大切なんです。

★アトピー性皮膚炎の治療は腸内環境を整える

腸内環境を整える腸内フローラーとは

人の腸内には、たくさんの細菌が生息しています。

これを腸内細菌といい、100種類以上でそれらはなんと100兆個以上も住んでいます。

こうして無数にひしめきあう腸内細菌は、種類ごとにグループを形成してまとまり、腸の壁面にすんでいます。

それらがまるで様々な植物が、種ごとに群生している様相が花畑([英] flora)のようであることから、腸管における腸内細菌の様相を「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。

主な腸内細菌としては、大きく分けて3種類になります。

1、善玉菌(有用菌)

ビフィズス菌、乳酸菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌などがあります。

悪玉菌の増殖を抑えたり、腸の運動を促したりして、お腹の調子を整え、体に有用な動きをしてくれる菌です。

2、悪玉菌(有害菌)

ウェルシュ菌、ベーヨネラ、ブドウ球菌などがあります。

名前の通り、体に悪い働きをします。

腸内の中を腐らせ、悪臭のもととなるガスや、有毒物質を作る菌です

3、日和見菌(平素無害菌)

大腸菌、バクテロイデスなどになります。

善玉とも悪玉ともいえず、人の体の状態によって、強い方の見方になる菌です。

 

腸内フローラを整えるためには乳酸菌が必要

もっとも良い状態として、3種類の菌のバランスは次のようになります。

善玉菌 2 、悪玉菌 1 、 日和見菌 7

日和見菌がどちらにつくかで、腸内の状態が大きく変わる事が解ります。

腸内フローラを整える為には、このバランスを保つことがもっとも重要になります。

しかし、このバランスは食生活や体調、年齢、生活環境によっても毎日異なります。

腸内環境を良くするためには、人に有益な働きをする善玉菌を増やすことですが、その代表格が「乳酸菌」です。

「乳酸菌」は、大きく分けて「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」の2種類あります。

動物性乳酸菌とは、乳製品に含まれている乳酸菌の事です。

牛乳の乳糖を食べて、温室を30~35度に保たれ、きちんと衛生管理しされた処で作られています。

他の菌を寄せ付けることが無く、単独で育つためか酸にも弱く、腸内までなかなか届かないと言われています。

植物性乳酸菌は、ブドウ糖を食べて育ちます。

その環境は寒い場所で育てられ、代表的なのが味噌・糠漬け・納豆などがあります。

この厳しい環境で育つために、腸内まで生きて届くのは植物性乳酸菌と言われています。

腸内フローラを整えるためには睡眠

メラトニンは寝る為に必要なホルモンです。

メラトニンは強力な抗酸化物質としても働きがあり、抗酸化機能が高い為に「若返りホルモン」とも言われており、脳細胞の委縮にも効果があります。

その他にも成長ホルモンの分泌を高めることから発育を促進したり、怪我や疲労の回復、病気の治癒の為にも睡眠が大事な役割を持っています。

メラトニンは、脳内物質の「セロトニン」から作られるのですが、セロトニンは必須アミノ酸の「トリプトファン」から作られます。

トリプトファンは、主に肉や魚に含まれており体内に取り込まれて腸内で、ビタミンの力でセロトニンになり、セロトニンからメラトニンが出来ます。

ビタミンをしっかり摂ることが、メラトニンを作る為に必要なんです。

よって、アトピー性皮膚炎の治療は、「乳酸菌で腸内バランスを保つ」「ビタミンを摂取して睡眠を良くとる。

これにより腸内環境が整い自らの力で細胞が、活性化しアレルゲン物質を寄せ付けないようになることが期待されます。

そこで、ご紹介したいのが、「アレルナイトプラス」なんです。

アレルナイトプラスは、3つの特長として「植物性乳酸菌」「ビオチン+ビタミンB群」「ストレス解消や睡眠を促す成分6種類」が混合されています。

>>アレルナイトプラスの公式サイトはここ<<

 

腸内環境を整えるアレルナイトとは

アレルナイトの3つの期待できる効果と成分は

植物性乳酸菌 

乳酸菌はたくさんの乳酸菌の種類があり大きく分けると「菌属」「菌種」「菌株」の3つの組み合わせで命名されています。

アレルナイトで使われている乳酸菌は、ラクトパチルス菌といってラクトパチルス属の「菌属」に分類されます。

ラクトパチルス属にも、動物性乳酸菌・ヒト由来乳酸菌・植物性乳酸菌と分かれています。

動物性乳酸菌とは、ヨーグルトなどから出来る乳酸菌です。

ヒト由来乳酸菌は、人の腸に元々存在する乳酸菌になります。

発行食品から出来る植物性乳酸菌は、胃酸に非常に強く、腸までしっかり届くという特徴があります。

さらにアレルナイトは、酒粕由来の「植物性ラクトパチルス乳酸菌 を使い、日本農芸化学会などでも発表されいる特長として、社会環境の変化やストレスなどで、崩した精神的なバランスにも役立つ言われています。

ビオチン+ビタミンB群を7種類

ビオチンはビタミンB群の水溶性ビタミンでビタミンHとも呼ばれ、皮膚や粘膜を健康に保つ効果があります。

脂肪酸やアミノ酸の代謝を促進し、皮膚や神経組織などを正常に保つ働きがあります。

爪や髪の健康にも深く関わっているビタミンで、不足するとアトピー性皮膚炎や脱毛などの皮膚症状や食欲不振、うつ、脱毛、運動失調、知覚過敏などの症状が報告されています。

厚生労働省より日本人の食事摂取基準(2015年版)では、1日のビオチンの推奨摂取量は成人男性・女性どちらも50μgとなっています。

普通の食事でほとんど賄えるのですが、食生活が不規則な環境にあっては、十分に摂取することは難しいでしょう。

ビオチンを多く含む食品は、牛、レバー、卵黄、魚介、きくらげ、しいたけ、落花生などのに多く含まれています。

その他にもビタミンB群 7種類が配合されており、それぞれの特長をご紹介します。

ビタミンB2:糖質、たんぱく質、脂質の代謝されエネルギーに変換にする特に、サポートとして働きます。

「発育ビタミン」ともよばれ、発育促進に重要な役目を担っています。

髪、皮膚、爪などの細胞の再生などもサポートしています。

 

バトンテン酸:ビタミンB2とともに糖質、たんぱく質、脂質の代謝をサポートします。

ホルモンや免疫抗体の生成にも関係していることから、肌や粘膜の健康維持に助ける働きもします。

 

ナイアシン:糖質や脂質、タンパク質がエネルギーに変化する時に、酵素のサポートをしてくれるビタミンです。

ナイアシンが不足してしまうと、皮膚炎、下痢、精神神経障害を伴うペラグラ、成長障害等が起こることが報告されています。

 

ビタミンB6:食品からも摂取しますが、一部は体内で作られることもあります。

たんぱく質からエネルギー産生を作ったり、筋肉や血液などを作る時にも活躍しています。

 

ビタミンB1:良く知られる脚気(かっけ)は、ビタミンB1不足によるものです。

糖をエネルギーに変える役割があり、脳の働きに大きく貢献しており、皮膚や粘膜の健康を保つと言われています。

 

ビタミンB12葉酸と協力して赤血球中のヘモグロビン生成をサポートしています。

その他に、神経機能を正常に保ち、脳からの指令を伝えます。

葉酸:細胞の生産や再生をサポートし、体の発育を促進してくれます。

ビタミンB12とともに赤血球中のヘモグロビンを作るので「造血のビタミン」といわれています。

 

睡眠を促し健やかになれる成分を配合

有用成分6種類を ストレス社会でも安定状態を維持できるように、質の高い生活の健やかな気持ちをサポートします。

・ラフマ抽出物:ラフマはキョウチクトウ科に属する多年生草本で、主産地は中国新疆(シンキョウ)のウイグル自治区タリム盆地で、青海省、四川省にも分布しています。

ラフマには、精神を安定させたり、生活習慣病の予防・改善効果、喘息を予防する効果、抗菌効果などがあるとされています。

アメリカのダブル特許成分で安全性も有用性も確認されたいます。

 

・ギャバ:ギャバは「γーアミノ酪酸」と呼ばれているアミノ酸の一種です。

主に脳や脊髄で副交感神経を活性化させることで、興奮系神経伝達物質の過剰分泌を抑えてリラックス状態にしてくれます。

ギャバが不足すると、逆にリラックスできずに精神的な緊張感が続いてしまうのです。

 

・グリシン:グリシンはアミノ酸の一種です。グリシンに睡眠の質を改善する効果があることで「休息アミノ酸」とも呼ばれています。

脳にはたらきかけ、血流を増加させることで表面温度は上がりますが、体内温度は下がり眠りに誘います。

また、眠りの中で深い眠りとされているレム睡眠の時間を増やす働きがあるとされています。

 

・クワンソウ:クワンソウとはハーブの1種で沖縄などに自生している中国原産の、ユリ科ワスレグサ属の多年草です。

別名「眠り草」と呼ばれており、眠れないときにクワンソウを食べると熟睡できると伝えられ、琉球王朝時代からの歴史を重ねた古い植物で、一般家庭でも食べられていました。

 

・バレリアン:バレリアンはオミナエシ科の多年生植物で、ヨーロッパが原産のハーブです。

精神的なストレスや疲れているのに寝れないど悩んでいる人に飲んでもらうと、睡眠までの時間短縮と、快眠効果を促進してくれます。

脳内の神経伝達物質である「GABA」の分泌をサポートする働きがあるからです。

また、筋肉の緊張もやわらげる為に、胃痛や肩こり、ストレスが原因の胃痙攣、生理痛にも効果があると言われています。

 

・アメリカンジンセン:日本ではアメリカジンセンの事を、西洋人参とも読んで高麗人参とともに特に高価な品種です。

高麗人参とは異なる使い分けがされており、「中性」の強壮剤として、ストレス・疲労にさらされる現代人をサポートし、若さの維持、活力の増加と持続性があるとい言われています。

>>最安値のアレルナイトプラスの公式サイトはここ<<

 

アレルナイトプラスの副作用は

アレルナイトプラスの成分は、食品になりますのでお薬と違い副作用はございません。

また、他のお薬と併用しても安心してお飲み頂けますが、気になる方はかかりつけのお医者様にご相談してみてください。

アレルギーにつきましても、27品目のアレルゲンは一切使用していません。

アレルナイトプラスの飲み方

アレルナイトプラスの飲み方は、公式サイトでは方法に指定ないと記載してありました。

しかし、睡眠に大事な「メラトニン」を効率良く作る為には、お食事の前後をお勧めします。

それは先ほど、ご説明しました通り、メラトニンはセロトニンから、セロトニンはトリプトファンから作られます。

トリプトファンは、主に肉や魚に含まれており体内に取り込まれて腸内で、ビタミンの力でセロトニンになり、セロトニンからメラトニンが出来ます

よって、トリプトファン(ビタミンの力が必要) ⇒ セロトニン ⇒ メラトニン となります。

アレルナイトプラスの口コミを紹介

飲み始めて1年半ほどです。
私は、花粉症と鼻炎持ち、さらにアトピー体質でこのサプリメントを毎日かかさず飲んでいます。
鼻炎持ちの私には、点鼻薬が無くてはならない薬でした。 特に花粉症の時期と重なると悲惨な状態で・・・・。 このサプリメントを飲んでからしばらくすると、点鼻薬を使わなくなっていました。
お母さんも鼻づまりでしたので、これを買ってあげたんです。 そしたら、鼻が通ったようで、夜が良く寝れるようになったようです。
アトピーもですが、肌が痒くて掻いた跡が黒ずんで恥ずかしかったのですが、それもいつの間にかキレイになくなっていましたそれに乾燥肌もすっかり感じなくなっていたんです。
乾燥肌の友達にも教えてあげましたよ。

 

わたしは、もう5ヶ月くらい飲んでいます。
このアレルナイトを飲む前は、アトピー性皮膚炎が酷くて、常にどこにいても 体中掻きむしって血だらけでした。
洋服もですが、肌着や布団などに血がついているのを見て、掻くの止めなきゃと思うのですが何しろ痒かったんです。
アレルナイトを知って飲んだんですが、夜もあまり寝れなかったんですが、ぐっすりと寝れたんです。
しばらくすると、あまり痒くなくなっていて今では毎日快眠です。
掻くことがなくなったので、自然と肌がキレイになってきました。
それももっと良かったのが、便秘です。 便秘にもあれだけ苦しんでいたのが、嘘のようです。 あれだけ酷かった肌の後が、少しづつですがキレイになってきてます。
私と同じような悩みをもっている人には、アレルナイトを紹介しました。

ストレスのせいか肌がボロボロで、少し汗をかいただけで痒くなってしまい、うっかり外出する事もできずにいました。
夏を迎えるのも毎年恐怖でした。
「アレルナイトプラス」を知って春先頃から飲んでいたのですが、夏に間に合い、長年悩まされた謎のかゆみから開放され、これまでにないくらい薄着で過ごすことができたんです。
ハーブが入っていることもあってか、すっと眠ることもできるようになり、無駄にイライラすることもなくなり、人との関係も今では問題ないです!

 

アレルナイトの販売店は楽天?アマゾン?

・楽天ではアレルナイトは販売をしていませんでした。

・アマゾンではアレルナイトを販売していましたが、1箱7,000円でした。

アレルナイトプラスの公式サイト

通常価格 9,000円(税込み)送料別 30袋入り(1ヶ月分)

定期コース  

5,980円(税込み) 3,000円お得、

全国送料無料、

手数料無料

3回以上の継続をお約束

3回とも、5,980円で購入できます。

>>最安値のアレルナイトプラスの公式サイトはここ<<

まとめ

アレルナイトプラスには第2の脳である腸内環境を整える為の、成分が1包に考えられてぎっしり詰まって、自らの力で健康を取り戻して肌を作り上げようとします。

その効力はアレルギーから起こる敏感肌の皮膚の改善や、痒くて眠れない人にとっては有効的なサプリメントです。

体内から改善することで、免疫力が上がる為にアトピー性皮膚炎などは、薬を止めるとすぐに症状が出るようなな人には、一度ぜひ試してみて頂きたいです。

私も長い間苦しめられていましたので、ぜひおススメします。